令和元年、正倉院展への誘い

2019年10月号(253号)

10月号の特集は「令和元年、正倉院展への誘い」です。 今回出陳される宝物の紹介に始まり、奈良国立博物館工芸考古室長の清水健氏による正倉院展の見どころ解説、「華厳経、梵網経から読み解く正倉院宝物」と題した同博物館学芸部長の内藤栄氏へのインタビューのほか、正倉院の楽器に着目して古箏演奏家の戴茜氏へのインタビューと盛りだくさんです。令和初めての正倉院展を鑑賞するにあたって是非ご一読ください。

2019年10月1日発売/定価:500円 注文する

デジタル版を注文


次号予告2019年11月号 Next Issue

大嘗祭と大和

※予告は断りなく変更する場合があります。

COMMUNICATION