それは纒向からはじまった!
日本最初の都宮 纒向遺跡

2018年8月号(239号)

近年の相次ぐ発見により、ヤマト王権最初の宮都であることは揺るぎないものとなった纒向(まきむく)遺跡。卑弥呼、邪馬台国、ヤマト王権、倭国…、弥生時代から古墳時代への過渡期を彩るキーワードを手掛かりに、日本の国家のはじまり「纒向遺跡」の本質に迫る。桜井市纒向学研究センター所長の寺沢薫さんのインタビューを掲載。復元された建物群や出土遺物、纒向石塚古墳・箸墓古墳など纒向古墳群も併せて紹介!

2018年8月1日発売/定価:500円 注文する

デジタル版を注文


次号予告2018年9月号 Next Issue

荒くれ! 豪快! バンカラ!
僧兵、奈良を闊歩する

※予告は断りなく変更する場合があります。

お知らせ

平素は月刊大和路なららをご愛読頂き誠にありがとうございます。
弊社は2018年8月11日〜15日まで夏期休業となります。
8月8日以降の定期購読、バックナンバーなどのご注文の発送は、 8月16日(木)以降になります。

COMMUNICATION