七転び八起きで300年ぶり!
興福寺中金堂再建

2018年9月号(240号)

享保2年(1717)に焼失、その後長らく仮堂だった興福寺中金堂が、2018年10月、約300年ぶりに再興されます。四半世紀を掛けての復興事業には、柱の巨木をどこで集めるか、伝統建築と現代の法律のギャップなど、いろいろな困難がありました。それらを乗り越えての一般公開は10月20日。和銅7年(714)藤原不比等が創建した中金堂を、ぜひ体感しましょう!

2018年9月1日発売/定価:500円 注文する

デジタル版を注文


次号予告2018年10月号 Next Issue

第70回 正倉院展

※予告は断りなく変更する場合があります。

COMMUNICATION