これが弥生時代だ!
田原本「唐古・鍵遺跡」を行く

2018年7月号(238号)

全国に数多く発見されている弥生時代の集落遺跡。奈良県田原本町には、弥生時代が稲作社会であったことを全国で初めて証明した「唐古・鍵遺跡」があります。大環濠などの遺構、絵画土器などの遺物の質と量は先学を魅了。2018年、史跡公園がオープンし、ミュージアムもリニューアルした唐古・鍵遺跡の魅力を紹介します。これが弥生時代だ!

2018年7月1日発売/定価:500円 注文する

デジタル版を注文


次号予告2018年8月号 Next Issue

それは纒向からはじまった!
日本最初の都宮・纒向遺跡の謎

※予告は断りなく変更する場合があります。

2018年7月号記事についてのお詫び

2018年7月号の下記の記事において、説明不足により誤解を招く表現やイラストに誤りがございました。
ここに正確な情報を記すとともに、謹んでお詫び申し上げます。

〈2018年7月号 7ページ「日暮し奈良暮らし」〉
•本文中の表現について 「三輪素麺」は、奈良県内で製麺される手延べそうめんです。2018年3月29日に農林水産省の「地理的表示保護制度(GI)」により、「地理的表示」の使用が認められました。これは伝統的な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地等の特性が、品質等の特性に結びついていると国が認めたもので、現在、奈良県三輪素麺工業協同組合、奈良県三輪素麺販売協議会などから生産・販売されている商品に関し、これに該当する商品にはGIマークを付して販売しています。島原で生産されたものについては産地を明示し、「三輪素麺」のブランド名は冠しておりません。説明不足により誤解を与える内容であったことをここにお詫び申し上げます。
•ページ上部左の木箱のイラストについて そうめんの木箱のイラストは、小豆島産のそうめんの木箱であり、「三輪産」「島原産」のそうめんとはまったく関係ありません。ここに訂正しお詫び申し上げます。

COMMUNICATION