角角鹿鹿で
奈良の鹿のはなし

2019年1月号(244号)

奈良公園に行けば必ず顔を合わせる鹿たち。春日社の神の使い「神鹿(しんろく)」として国の天然記念物に登録され、鹿せんべいを受け取る愛らしい姿が人気の一方、人との共生には多くの紆余曲折を経ていまに至ります。今号では、そんな鹿たちを保護する奈良の鹿愛護会の方々からお話を伺い、奈良の鹿と人との古くて深~いお付き合いの歴史をたどります。

2019年1月1日発売/定価:500円 注文する

デジタル版を注文


お知らせ

平素は月刊大和路なららをご愛読頂き誠にありがとうございます。
弊社は2018年12月29日~2019年1月6日まで 年末年始のため休業いたします。
12月27日以降の定期購読、バックナンバーなどのご注文の発送は、 2018年1月8日以降になります。

次号予告2019年2月号 Next Issue

東大寺二月堂
お水取りをよむ

※予告は断りなく変更する場合があります。

お詫びと訂正

2019年1月号において、以下の誤りがございました。
ここに正確な情報を記すとともに、謹んでお詫び申し上げます。

表紙
誤 春日曼荼羅に大和名所図絵 句にも詠まれた鹿たち
正 春日曼荼羅に大和名所図会 句にも詠まれた鹿たち
大変失礼致しました。 ここにお詫びして訂正致します。

COMMUNICATION