大和探訪大和の民話地名発掘イベントガイドやまと祭事記野の花紀行
1300年の道平城京四重奏連載小説森川杜園奈良スケッチみほとけは語る/融通念仏縁起

EVENT GUIDE

奈良で行なわれている催し・イベントなどを毎月更新しています。
詳細・変更については、各問い合わせ先に御確認ください。

宇陀郡曽爾村長野(近鉄名張駅から山粕西行きバス「長野」下車、徒歩約60分。近鉄榛原駅から曽爾方面行きバス「曽爾長野」下車、徒歩約60分)
0745・94・2106(曽爾村観光協会)
体験・イベント
奈良交通
期間限定・十津川観光特急バス
~3月29日
JR奈良駅から十津川温泉・ホテル昴(吉野郡十津川村平谷)まで、約4時間のバス旅。
☎︎0742・22・5110(奈良交通総合予約センター)
川原寺 幻桜の夜 3月20日~4月7日
18寺から21時。光の桜が舞い降りる一期一会花見の宴。デジタルアートによる一本桜も咲き誇る。境内、北側の山肌から大量に出土し中金堂の壁一面を埋め尽くしたとも言われている三尊せん仏が、春の煌めきを纏い本堂外壁に美しく再現される。写経場として普段使用されている空間も桜デジタルアートの世界へと姿を変える。
高市郡明日香村川原1109(近鉄橿原神宮前駅または飛鳥駅から明日香周遊バスで「川原」下車、徒歩約2分)
☎︎0744・54・2043
吉野山
桜まつり
3月21日~4月26日
ライトアップは18時から22時。全国的に桜の名所として有名な吉野山。4月上旬から中旬にかけて3万本ともいわれるシロヤマザクラが豪華絢爛に咲き乱れる。吉野の桜は山岳信仰と密接に結びついた信仰の桜として、現在まで大切に保護され毎年花を咲かせているのが特徴。
吉野郡吉野町吉野山
☎︎0746・32・1007(吉野山観光協会)
郡山城跡
第60回大和郡山「お城まつり」
3月24日~4月7日
期間中は城跡一帯に約500本のぼんぼりが18寺~21時に点灯。夜桜が楽しめる、水面に映る桜とぼんぼりが幻想的なスポットとして親しまれている。桜は約800本で、日本さくら名所100選の桜の名所。主なイベントは▽3月24日=奉告祭<日本剣道・なぎなた形奉納>・数珠くり法要▽3月28日=第100回金魚品評会、マグロ奉納祈願式・解体即売会▽3月29日=時代行列・白狐お渡り▽4月4日=大和郡山市観光キャンペーンレディー女王卑弥呼交代式▽4月5日=市民パレード。
大和郡山市城内町など(近鉄郡山駅から徒歩約7分。JR郡山駅から徒歩約15分)
☎︎0743・52・2010(大和郡山市観光協会)
屏風岩公苑 桜ライトアップ 4月4日~5月6日
21時。桜の見頃は4月中旬~下旬 。岩肌に映える満開の山桜。高さ200m、幅1.6kmの岩肌が続く屏風岩。その麓に咲く樹齢100年超えの数百本の山桜がライトアップされる。
橿原市今井町 第12回 今井灯火会 8月10日
19時頃から22時。会場は今井町重要伝統的建造物群保存地区内。風情ある町並みをキャンドルが優しく照らし出す。冷やし甘酒(先着100名)や冷やし飴水(先着500名)のサービス、呈茶席、夜市、読み聞かせ、琴の演奏などイベントも盛りだくさん。 。
問い合わせ☎0744・22・1128(今井まちづくりセンター内/今井町町並み保存会)
曽爾村 曽爾村置村130年記念 第24回 ぬるべの郷夏まつり 8月14日
15時から20時30分。花火は20時から20時30分。会場は曽爾村老人福祉センター周辺。打ち上げ数約1000発。ダイナミックな花火を至近距離で鑑賞できる。模擬店・盆踊り大会なども予定。約150台分の無料駐車場あり。荒天の場合は花火大会のみ8月16日に順延。
問い合わせ☎0745・94・2106(夏まつり実行委員会事務局)
御杖村
第36回 御杖村ふるさと夏まつり
8月15日
16時から20時30分(荒天の場合は翌日16日に延期)。会場は姫石の湯周辺。音楽に合わせて花火が打ち上げられ、夏の夜空を賑やかに演出する。御杖村の物産を楽しめるバザーなどのイベントも併せて行われる。
問い合わせ☎0745・95・2001
奈良町にぎわいの家
盆石の世界~五輪の地を描く
4月2~7日
9時から17時。細川流倭盆石景美石会による盆石展示と体験。黒い盆に白い砂で自然の情景を描く盆石。今年の展示テーマは過去の五輪の地を描くこと。体験は4、5日のみ。
奈良市中新屋町5(近鉄奈良駅から徒歩約13分、JR奈良駅から徒歩約20分)
☎︎0742・20・1917
桜井市埋蔵文化財センター
令和元年度企画展 太田微高地の人びとのくらし
~4月12日
纒向遺跡の最新の調査成果を展示している。これまでの調査成果から、纒向川によって形成された草川微高地、巻野内微高地、太田北微高地、太田微高地、箸中微高地と呼ばれる五つの微高地上に遺構や遺物が分布していることが分かっている。今回は太田微高地に焦点を当て、太田地区の居住域・祭祀土坑・墓域と坂田地区を紹介する。
桜井市芝58-2(近鉄桜井駅から天理駅行バスで「三輪明神参道口」下車、徒歩約2分。JR三輪駅から徒歩約10分)
☎︎0744・42・6005
奈良県産業会館
ポケットマルシェin大和高田-2nd-
4月18、19日
10時から16時。雨天開催(室内イベント)
大和高田市幸町2-33(JR高田駅・東出口すぐ。近鉄大和高田駅から徒歩約5分。近鉄高田市駅から徒歩約20分)
☎︎080・5364・2345(実行委員会事務局
薬師寺
国宝薬師寺東塔 大修理 落慶法
4月22~26日
薬師寺で唯一創建当時、1,300年前から現存している東塔。平成21年から解体修理が行われ、このほど修理が完了し、落慶法要が行われる(出席は招待者のみ)。
落慶法要記念行事 慈恩殿障壁画特別公開「東と西の融合」 4月22日~5月10日
奈良市西ノ京町457(近鉄西の京駅下車すぐ)
☎︎0742・33・6001
橿原神宮
稚児行列
4月4日
11時から12時30分。御鎮座百三十年を記念の行事。かわいらしい稚児装束に身を包んだ子どもたちが行列する。第一鳥居から出発し、内拝殿で正式参拝する。
橿原市久米町934(近鉄橿原神宮前駅から徒歩約10分)
☎︎0744・22・3271
平群町
第11回 へぐり時代祭り
4月29日
9時30分から15時30分。平群町役場でオープニングセレモニーがあり、続いて時代行列。このほかにもさまざまなイベントが催される。主会場は道の駅くまがしステーション周辺。緑豊かな大自然と歴史文化に彩られた「平群の魅力」を町内外に発信することにより、地域のまちおこしや観光振興に寄与することを目的として実施している。
平群町平等寺75‐1周辺(近鉄平群駅・竜田川駅から徒歩約12分)
0745・45・1017(祭り実行委員会事務局=平群町観光産業課)
大和文華館・講堂
華コンサート「春を告げる紅白の梅」
3月7日
13時~13時40分(開場12時40分)。世界平和を歌う女性ボーカルグループ「パルフェ・ムジーク・アカデミー」の公演。メンバーは全員が音楽大学卒で、奈良市国際音楽交流協議会会員。当日は「シェルブールの雨傘」「すみれの花咲く頃」「サッちゃん」など13曲を予定。
奈良市学園南1-11-6(近鉄学園前駅から徒歩約7分)
☎︎0742・45・0544
いかるがホール
第17回プロムナードコンサート
3月8日
14時から小ホールで。いかるがジュニア金管バンドとっておきのコンサート。金管バンド講座の受講生が、斑鳩シンフォニック・バンドの講師陣とともにバラエティー豊かな楽曲を披露する。無料。
生駒郡斑鳩町興留10-6-43(JR法隆寺駅から徒歩約9分)
☎︎0745・75・7743
大和高田さざんかホール
ゴッドファーザーの息子
3月14、15日
14時から小ホールで。大和高田市民劇団さざんかの第32回本公演。脚本・広瀬義和、演出・岡本健一、広瀬義和。禁酒法が成立した時代のアメリカが舞台。ギャング団のボスを父に持つ主人公が恋人ともに家を出る決意をする。親子はどうなるか、ニューヨークの街はどうなるか。涙あり、ダンスあり、アクションありの家族愛の物語。
山内恵介コンサートツアー2020 3月20日
15時から大ホールで。演歌界の貴公子が参上。一般6,600円
大和高田市本郷町6-36(JR高田駅から徒歩約4分、近鉄大和高田駅から徒歩約10分、近鉄高田市駅から徒歩約12分)
☎︎0745・53・820
藤岡家住宅(登録有形文化財)
蒔絵盆の世界
~3月22日
漆工芸技法の一つ「蒔絵」の奥深い世界を楽しめる展示。厨子2階で新しく発見された藤岡家所蔵の蒔絵盆を中心に、江戸時代に製作されたと考えられる脚付盆(30㎝角)20点と、大正2年の製作と記載されている盆(36㎝角)20点を展示している。
新春展示 庚子(かのえね)
~3月22日
藤岡家所蔵の子年の品の数々を展示。「玉骨俳宗出世の図」(昭和8年、永井瓢齋画)は、ねずみ年の藤岡玉骨をネズミ、うた代夫人をネコに例えて描いている。玉骨が佐賀県知事に就任した際、お祝いにと贈られたもの。
藤岡家見学寄席
3月28日
13時30分。桂文五郎、生駒亭しん茶、すずめ家すずめ、すずめ家ちゅん助、さやか(三味線)。木戸銭1,000円(入館料込み)。
五條市近内町526(JR北宇智駅から徒歩15~20分)
0747・22・4013(NPO法人うちのの館)
徳融寺
おとなの寺子屋 中将姫の父・豊成公の生きざま
3月7日
14時から。講師はうちのの館館長の川村優理氏。申し込み不要、テキスト代300円。
奈良市鳴川町25
☎︎0742・22・3881
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
第26回 金春康之演能会
3月22日
14時~17時。花見客の喧騒を嫌う西行法師の夢中に白髪の老翁として現れた桜の精が春の夜に見せる老体の舞。その閑かで美しい舞こそ世阿弥が後世に遺そうとした老いの美なのだろう。演目は能「西行桜」、狂言「太刀奪」、仕舞「老松」など。
奈良市春日野町101
0742・27・2630
大神神社
第9回 三輪山フォトコンテスト
~3月6日(応募受付期間)
三輪山および周辺の四季折々の風景(三輪山内での撮影は厳禁)・大神神社(摂末社を含む)の祭礼と境内風景や動植物をテーマにしたフォトコンテスト。2019年3月1日から2020年2月29日の間に撮影した写真で、未発表のものに限り応募できる。入賞作品は三輪山カレンダー等の作成に使用、そのほか賞金も。応募要項など詳しくは問い合わせ、またはホームページから。
問い合わせ☎︎0744・42・6633 http://oomiwa.or.jp/topics_photo/
伝統行事・寺社催事| 秘宝秘仏・特別開扉・特別公開| 博物館・美術館・資料館| ギャラリー|
ホール・コンサート・セミナー| バスツアー・ウォーク| イベント|花ごよみ|