大和探訪大和の民話地名発掘イベントガイドやまと祭事記野の花紀行
1300年の道平城京四重奏連載小説森川杜園奈良スケッチみほとけは語る/融通念仏縁起

EVENT GUIDE

奈良で行なわれている催し・イベントなどを毎月更新しています。
詳細・変更については、各問い合わせ先に御確認ください。

博物館・美術館・資料館
春日大社・国宝殿
特別展 「神獣―かわいい、神の使いたち」
9月7日~12月13日
神獣とは良いことの前ぶれとして現れたり、神様を邪悪なものからお守りしたりする役割をもつ獣のこと。春日大社で神の使いとして大切にされてきた鹿も神獣のひとつ。神獣たちの魅力的でかわいらしい姿や不思議な力、春日大社の神様との関係や歴史を、春日大社の宝物を通して紹介。
奈良市春日野町160 (近鉄奈良駅・JR奈良駅から「春日大社本殿行」バスで「春日大社本殿」下車すぐ または市内循環外回りバスで「春日大社表参道」下車して徒歩約10分)
0742・22・7788
奈良県立美術館
吉川観方 -日本文化へのまなざし  
9月28日~11月17日
開館300回記念特別展。生誕125年・没後40年の吉川観方。絵画や染織などの美術工芸品を収集したことで知られ、そのコレクションはおよそ30,000点に及ぶ。また、画家としても優れた作品を残し、風俗史研究家としても活躍。日本の歴史・文化の振興に大いに貢献した観方の足跡を改めて紹介する。
奈良市登大路町10-6(近鉄・奈良駅1番出口から徒歩5分、またはJR・奈良駅からバス「県庁前」下車して徒歩約3分) 0742・23・3968
大和文華館
特別展聖域の美 -中世社寺境内の風景-  
10月5日~11月17日
10時~17時。寺社の境内は、神仏の坐ます聖域であるとともに、人々のやすらぎの場ともなってきた。赤い鳥居、古寺の塔、掃き浄められた参道など、多くの人の思い出の中に懐かしい境内の風景が息づいているだろう。その風景は絵にも描かれてきた。美麗で精緻な絵画から朴訥ぼくとつな味わいの絵図まで、多彩な表現で寺社を描く作品が一堂に。
奈良市学園前1-11-6(近鉄学園前駅から徒歩約7分) 0742・45・0544
奈良文化財研究所 平城宮跡資料館
地下の正倉院展 -年号と木簡  
10月12日~11月24日
9時~16時半(入場は16時まで)・月曜休館。一期、二期、三期にわけ・75点の木簡を展示。奈良時代の歴史を語る宝物・実物の木簡を目にすることができる。2007年以降毎年開催されている人気の展覧会の今年のテーマは「年号」。
奈良市登大路町50(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、氷室神社・国立博物館前下車すぐ) 050・5542・8600(ハローダイヤル)
天理大学附属天理図書館
天理図書館開館89周年記念展 「奈良町 -江戸時代の「観光都市」を巡る-」  
10月19日~ 11月10日
9時から15時30分。江戸時代の奈良町は、巡礼地としての性格を色濃く残しつつも、東大寺の大仏・大仏殿再興を大きな契機として観光産業が進展した地。本展では、奈良町の観光都市としての歴史に光を当てて、本館所蔵の関連資料を展示する。11月2日14時開演で、幡鎌一弘氏 (天理大学文学部教授)「文化資源活用のパイオニア-江戸時代の奈良-」講演あり。※ 午後0時より本館正面カウンターにて整理券発行(先着150名)、午後1時半開場。
天理市杣之内町1050(天理大学行(杣之内キャンパス)通学バス下車徒歩約1分。なおバスの本数が時期により異なるので注意) 0743・63・9200
奈良国立博物館
御即位記念 第71回正倉院展  
10月26日~11月14日
9時~18時(入館は閉館の30分前まで)。天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物の成り立ちを示す宝物や、宝庫を代表する宝物、シルクロードの遺風を感じさせる宝物が出陳される。※金曜、土曜、日曜、祝日(10月26日・27日、11月1日・2日・3日・4日・8日・9日・10日)は午後8時まで開館。
奈良市登大路町50(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、氷室神社・国立博物館前下車すぐ) 050・5542・8600(ハローダイヤル)
入江泰吉記念奈良市写真美術館
百々新 「WHITE MAP -On the Silk Road-」展  
11月2日~2020年1月13日
真摯なまなざしで写真表現の旅を続ける百々新。第38回木村伊兵衛賞受賞作品「対岸」、日本写真協会新人賞受賞「上海の流儀」、京都をテーマにした「鬼にも福にも―もうひとつの京都」、幼少期を過ごした奈良をテーマにした「大和」、そして新作「ウランバートル」で展示構成。 彼の原点である奈良を基点に、新しいシルクロードの道を切り拓く。11月2日14時から百々新×河瀨直美によるオープニングトーク、1月4日14時から百々新×百々武による新春トークあり。申込不要・要観覧券。
奈良市高畑町600-1(近鉄奈良駅・JR奈良駅から市内循環外回り「破石町(わりいしちょう)」バス停下車、徒歩約15分) 0742・22・9811
伝統行事・寺社催事| 秘宝秘仏・特別開扉・特別公開| 博物館・美術館・資料館| ギャラリー|
ホール・コンサート・セミナー| バスツアー・ウォーク| イベント|花ごよみ|