ならら2020年8月号

古代の地名を考える

2020年8月号(263号)

『魏志』倭人伝に初めて、倭国の女王として登場する卑弥呼。その墓とする説もある箸墓古墳(奈良県桜井市箸中)の近くに立って真東の方向を眺めると、田んぼの向こうになだらかな山並みが見える。右手に三輪(みわ)山、真ん中の奥に巻向(まきむく)山、そして左手手前にあるのが穴師(あなし)山。三つの山についての一般的な呼び名とされるが、これがなかなかに奥が深い。例えば「巻向」山というが、3世紀初めに突然出現し、それまでとは一線を画す計画的な都市形成によって誕生したとされる、日本列島初の王都は「纒向遺跡」と呼ばれる。

2020年8月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

古代の地名を考える

ならら2020年8月号一部

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。