大和探訪大和の民話地名発掘イベントガイドやまと祭事記野の花紀行大和と浮世絵
1300年の道平城京四重奏連載小説森川杜園奈良スケッチみほとけは語る/融通念仏縁起

地名発掘

地名発掘(1998/10 創刊号〜)
1998/10 第1号 奈良
1998/11 第2号 葛城の蛇穴
1998/12 第3号 難読地名考<地名負け>について
1999/1 第4号 三輪山
1999/2 第5号 談山神社から冬野へ〜多武峯〜
1999/3 第6号 風土の美しさを伝える「地名の魅力」
1999/4 第7号 今も生きる古代語の化石
1999/5 第8号 小角ち美女の説話地名「追着の森」『白鳥伝説
1999/6 第9号 イモアライと疱瘡祓い
1999/7 第10号 「風の森」-峠の文化
1999/8 第11号 宝来・富木・豊田など嘉字地名考
1999/9 第12号 古墳名の由来
1999/10 第13号 地名は古代史を語る『大淀のこと』
1999/11 第14号 地名は古代の文化的遺物『飛鳥川の謎』
1999/12 第15号 小峠(おとぎ)の地名
2000/1 第16号 飛鳥付近の地名
2000/2 第17号 「染井」が残る石光神社
2000/3 第18号 誤写された古代地名
2000/4 第19号 飛鳥池付近は古代の今城の地域か
2000/5 第20号 ヘカタ 国中の辺方
2000/6 第21号 手旗による大和への信号
2000/7 第22号 韓国で出版された日本古代地名の研究
2000/8 第23号 古代地名の文化
2000/9 第24号 地名「ヤマモモ」
2000/10 第25号 想像を超えるカネツチの役割
2000/11 第26号 古代、中世、近世の通信
2000/12 第27号 稚児渕-河童渕か
2001/1 第28号 古代地名、アサクラ
2001/2 第29号 古代地名転訛−改字考
2001/3 第30号 古代地名用字論
2001/4 第31号 大和の国津神 漢神『漢国町』
2001/5 第32号 冬野は奥飛鳥の桃源郷『冬野−歴史の峠路である』
2001/6 第33号 クラガリ−丘陵のたわんだ所−
2001/7 第34号 地名こそ古代人の詩『大坂と大阪』
2001/8 第35号 古代地名の謎
2001/9 第36号 地名学の研究
2001/10 第37号 南淵の朝風
2001/11 第38号 地名「タワ」「タオ」考 地名は転訛改字する
2001/12 第39号 現代用字から中世地名の解釈は危険
2002/1 第40号 欠号
2002/2 第41号 「追分」は道路の分岐点
2002/3 第42号 「井」「泉」にかかわる地名
2002/4 第43号 「福西」の西とは何か
2002/5 第44号 黒髪山−竜王信仰の山
2002/6 第45号 地名と漢字
2002/7 第46号 地名用字改変考 「一」という地名
2002/8 第47号 地名「ミ」音の脱落例−水分(みまくり)
2002/9 第48号 「ひばり塚」「うぐひす関」由来<上>
2002/10 第49号 「ひばり塚」「うぐひす関」由来<下>
2002/11 第50号 本辻は一大樹から、小綱は古代の金綱井か
2002/12 第51号 大和三山(用字改変例)
2003/1 第52号 山城の飛鳥・河内の飛鳥−椀貸伝説
2003/2 第53号 古代地名用字論−味間−
2003/3 第54号 金鵄伝説と十三塚−鉄砲塚
2003/4 第55号 古代地名用字論 大和の野宮
2003/5 第56号 いかにも小峠らしい風情〜琴弾峠〜
2003/6 第57号 里謡と地名 大和の『里謡集』装幀に竹久夢二ら
2003/7 第58号 植物と地名「葛城の当麻は」「カツラキの當麻」か
2003/8 第59号 名所「大和七在所巡覧」地名
2003/9 第60号 万葉集−香久山は高山と書いた−
2003/10 第61号 地名用字は二字・好字化する〜「恋の窪」「初恋」の地名
2003/11 第62号 『忠臣蔵の赤穂浪士が密かに住む−「東向き」ひがしむき−
2003/12 第63号 『忠臣蔵』の赤穂浪士が密かに住む
2004/1 第64号 地名転訛用字論
2004/2 第65号 地名転訛用字論
2004/3 第66号 「大和県」考
2004/4 第67号 『なら−高田十郎雑記』考
2004/5 第68号 古代地名の転訛を考える
2004/6 第69号 古代地名の転訛を考える
2004/7 第70号 古代地名の転訛を考える
2004/8 第71号 熊野と大和
2004/9 第72号 「尼ケ辻」とは何か?
2004/10 第73号 能楽金春座の「円満井」とは
2004/11 第74号 地名「丈六」とは?
2004/12 第75号 果てしなく続く地名の用字改変
2005/1 第76号 大字冬野小字「サンショウ」考
2005/2 第77号 ヤマト
2005/3 第78号 安倍・阿部・安部考
2005/4 第79号 サクラ
2005/5 第80号 沓掛と追分
2005/6 第81号 「桃花鳥」はツキかトキか
2005/7 第82号 百地・百谷・百野とはなにか
2005/8 第83号 大野丘
2005/9 第84号 「葛城」再考
2005/10 第85号 「飛鳥道標」考
2005/11 第86号 「赤」の地名
2005/12 第87号 平城宮跡「横領」と「尼辻」とは何か
2006/1 第88号 古代用字の誤写説
2006/2 第89号 「月ヶ瀬の桃香野」「熊橋の桃尾滝」
2006/3 第90号 「アスカ」は各地にあったー
2006/4 第91号 十三塚ー「登美ヶ丘」地名由来
2006/5 第92号 明治期の平城神宮創建計画
2006/6 第93号 三倉堂
2006/7 第94号 岩屋峠は弥勒信仰の路か—
2006/8 第95号 三輪・十三塚の地名
2006/9 第96号 飛鳥の「立部」考
2006/10 第97号 地名、「狐井」とは?
2006/11 第98号 二つの稗田村
2006/12 第99号 飯高と飫富
2007/1 第100号 桜 峠
2007/2 第101号 百地・百谷・桃俣・百市とは?
2007/3 第102号 甘梼丘は山でなく、香久山は丘ではない?
2007/4 第103号 『竹取物語』と大和三山
2007/5 第104号 鬼住・鬼取とは?
2007/6 第105号 地名「辿」は何と読む?
2007/7 第106号 古代の「殯(もがり)の森」
2007/8 第107号 山村に迫る「迫(さこ)の名」
2007/9 第108号 「峠」考
2007/10 第109号 「ところてん」考
2007/11 第110号 多久豆玉神社の神
2007/12 第111号 「大黒ヶ芝」は「大皇后ヶ芝」か
2008/1 第112号 雀の話
2008/2 第113号 ウワナベ古墳・ウワナリ塚考
2008/3 第114号 大和・河内国境水論一揆
2008/4 第115号 地名発掘「箸」考
2008/5 第116号 「山辺」考
2008/6 第117号 地名の一番合戦
2008/7 第118号 地名の誤写例ー「木の葉」考ー
2008/8 第119号 「城」地名を考える
2008/9 第120号 「田原本」は形状地名か
2008/10 第121号 地名「花内」「薑」とは
2008/11 第122号 旧国名の残る村の話
2008/12 第123号 「喜虎」「寧楽」「蔵宝」地名考
2009/1 第124号 西寺田の勝福寺考
2009/2 第125号 都祁は柘植か
2009/3 第126号 地名は貴重な文化遺産だ
2009/4 第127号 「花内」と「羽内」のこと
2009/5 第128号 幻の葛城山中「安位寺」跡とは
2009/6 第129号 カタカナ方言地名のこと(上)
2009/7 第130号 カタカナ方言地名のこと(下)
2009/8 第131号 「アタゴ考」
2009/9 第132号 奈良のことわざ地名
2009/10 第133号 山ノ辺の道の「大和三景」
2009/11 第134号 五條・御霊・御廟の地名
2009/12 第135号 「小和田村」転じて「駒帰村」
2009/1 第136号 春日若宮-平城飛鳥
2010/2 第137号 「袖の松」
2010/3 第138号 「佐紀-散吉は古墳群集地か」
2010/4 第139号 「フケ」「ホケ」考
2010/5 第140号 「地名、日前ー桧隈とは」
2010/6 第141号 「生駒一辺国から平群へ」
2010/7 第142号 春日(若草・嫩草)ー平城飛鳥
2010/8 第143号 戒」の字地名
2010/9 第144号 「奈良・中西遺跡」はどこかー
2010/10 第145号 生駒名産「鳴石」のこと
2010/11 第146号 生駒名産「鳴石」のこと
2010/12 第147号 地名「大沢」、飛鳥「尾曽」由来記
2011/1 第148号 「奈良山」と「奈保山」、「高の原」と「高野原」
2011/2 第149号 「カネツキ田」「太鼓田」とは?
2011/3 第150号 「地名の破壊許さるべからず」
2011/4 第151号 「桃香野の月ヶ瀬」
2011/5 第152号 「地名があらわす、その土地本来の姿」
2011/6 第153号 「古代地名の魅力を考える」