大和探訪大和の民話地名発掘イベントガイドやまと祭事記野の花紀行
1300年の道平城京四重奏連載小説森川杜園奈良スケッチみほとけは語る/融通念仏縁起

EVENT GUIDE

奈良で行なわれている催し・イベントなどを毎月更新しています。
詳細・変更については、各問い合わせ先に御確認ください。

博物館・美術館・資料館
奈良国立博物館
修理完成記念特別展 糸のみほとけ ─国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏─
7月14日~8月26日
日本では刺繡や綴織(つづれおり)など「糸」で表された仏の像が数多く作られ、古代には大寺院の本尊とされる花形的存在だった。その隆盛をいまに伝える「綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)」(當麻寺蔵)や「刺繡釈迦如来説法図」(奈良国立博物館蔵)、鎌倉時代以降の中将姫信仰を伝える「阿弥陀三尊来迎図」など、綴織と刺繡による仏の像を一堂に公開する。
9時30分~17時(金曜、土曜、8月5日~15日は19時、入館はいずれも閉館30分前まで)。月曜休館(ただし7月16日、8月13日は開館)。奈良市登大路町50(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、氷室神社・国立博物館前下車すぐ)☎050・5542・8600(ハローダイヤル)
平城宮跡資料館
平成30年度 夏のこども展示
7月21日~9月2日
平城宮跡に関連したテーマで、子どもと家族向けの展示を行う。奈良文化財研究所研究員によるギャラリートークも。
9時~16時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。奈良市佐紀町247-1(近鉄大和西大寺駅から徒歩約15分)☎0742・30・6753(奈良文化財研究所連携推進課)
飛鳥資料館
夏期企画展 第9回写真コンテスト 飛鳥のいきもの
7月27日~9月2日
「飛鳥のいきもの」をテーマに、歴史や文化を感じられる飛鳥地域で、動物や、虫、魚などの「いきもの」を写した写真を募集した写真コンテスト。応募作品を一堂に展示する。来館者による投票も。
9時~16時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(ただし8月13日は開館)。高市郡明日香村奥山601(近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約20分、明日香奥山・飛鳥資料館西下車、徒歩約3分)☎0744・54・3561
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
大和を掘る36 ─2017年度発掘調査速報展─
7月14日~9月2日
おもに2017年度に奈良県内の発掘調査で出土した遺物や調査時の写真パネルなどを展示し、最新の発掘調査成果を紹介する。
9時~17時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館。橿原市畝傍町50-2(近鉄畝傍御陵前駅から徒歩約5分)☎0744・24・1185
奈良県立民俗博物館
夏季企画展 明治150年記念 「ものづくりの発想」 ─民俗資料からみる特許・実用新案制度─
7月14日~9月2日
明治時代からはじまった特許・実用新案制度に着目し、特許・実用新案番号を持つ資料を解説する。民俗資料を通してアイデアを生み出した時代背景などを紹介する。
9時~17時(入館受付は16時30分まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。大和郡山市矢田町545(近鉄郡山駅またはJR大和小泉からバスで約15分、矢田東山下車、徒歩約10分)☎0743・53・3171
奈良県立万葉文化館 マンガで語る古代大和 ―学術と創造の融合― 「天上の虹」にみる創造の世界 7月14日~9月30日
里中満智子氏の「天上の虹」〈全23巻〉より、冒頭の大化の改新から我が国の古代最大の内乱とされる壬申の乱までの1巻から7巻を中心とした原稿と、関連する資料の一部を併せて紹介する。
10時~17時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。高市郡明日香村飛鳥10(近鉄橿原神宮駅東口から明日香周遊バス飛鳥駅行きで約20分、万葉文化館西口下車すぐ)☎0744・54・1850
奈良県立美術館
明治150年記念企画展 美の新風 ~奈良と洋画~
7月21日~9月17日
本年が明治時代のはじまりから150年を迎えるのを記念して、この時代に大きな動向を見せた「洋画」の、奈良における展開が紹介。また、奈良ゆかりの作家たちを紹介する。
9時~17時(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(9月17日は開館)。奈良市登大路町10-6(近鉄奈良駅から徒歩約5分)☎0742・23・3968
入江泰吉記念奈良市写真美術館
川島小鳥写真展 「つきのひかり あいのきざし
尾野真千子と川島小鳥」展
6月30日~8月26日
写真家・川島小鳥(1980~)撮り下ろしの最新作を展示する。奈良県出身の女優・尾野真千子と2人だけで台湾・奈良を巡り、本展のために撮影を行った。自身初のモノクロ写真展。
入江泰吉
「奈良を愛した文士と高畑界隈」展
6月30日~10月21日
入江が撮った文化人たちのポートレートと、文士たちが奈良を訪れ感動を綴った舞台(高畑界隈)の地を、入江作品と名文とともに巡る。
9時30分~17時(入館は閉館30分前まで)。月曜、8月27日から31日は休館。奈良市高畑町600-1(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町下車、徒歩約10分)☎0742・22・9811
奈良市美術館
奈良を観る ~大和路・バスがゆく~
7月10日~8月12日
奈良にバスが走り始めて約100年、暮らしの中にあるバスや観光地奈良ならではの旅情を乗せて走るバスなど、大正期から昭和50年代までの写真やパンフレット等の歴史資料を展示する。
10時~17時30分(入館は閉館30分前まで)。月曜休館(祝日の場合は翌平日)。奈良市二条大路南1-3-1 ミ・ナーラ5階(近鉄新大宮駅から徒歩約12分)☎0742・30・1510
葛城市歴史博物館
夏季企画展 竹内・茶山古墳の調査
7月21日~8月26日
平成28・29年度に葛城市教育委員会が調査を行った、茶山古墳の発掘調査成果について紹介。調査で撮影した写真や、図面をパネル展示、過去の調査で出土した土器なども展示する。
9時~17時(入館は閉館30分前まで)。火曜・第2・4水曜休館。葛城市忍海250-1(近鉄忍海駅から徒歩約3分)☎0745・64・1414
奈良市埋蔵文化財調査センター
夏季特別展 奈良市の埴輪 ―土師氏の故郷でのハニワ生産―
8月1日~9月28日
奈良市埋蔵文化財調査センターが所蔵する埴輪を一挙公開する。また、富雄丸山古墳出土埴輪や天理市東殿塚古墳出土埴輪も出張展示する。
9時~17時。土曜、日曜、祝日は休館(ただし8月25日は開館)。奈良市大安寺西2-281(JR・近鉄奈良駅から県立図書情報館行きバスで約10分、大安寺西口下車、徒歩約2分)☎0742・33・1821
郡山城史跡・柳沢文庫保存会
前期企画展 郡山城と武将―松平忠明を中心に―
5月19~8月19日
徳川家康の孫であり養子でもあった松平忠明について、大坂の陣での活躍や、郡山城主(元和5年2月から寛永16年)時代を取り上げた展示を行う。
9時~17時(入館は30分前まで)。月曜・第4火曜休館(ともに祝日の場合は開館、夏季休館8月13日~8月18日)。大和郡山市城内町2-18(近鉄郡山駅から徒歩約10分)☎0743・58・2171
松伯美術館
上村松園・松篁・淳之三代展 「画家の仕事」 ~本画・下絵・素描が語るもの~
9月11日~12月2日
上村松園・松篁・淳之三代の作品を素描、小下絵、下絵とともに紹介する。本画ができるまでの制作過程から、作家のひたむきな姿勢を知る。※期間中前後期で一部展示替え。 前期:9月11日~10月28日/後期:10月30日~12月2日
10時~17時(入館は16時まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。奈良市登美ヶ丘2-1-4(近鉄学園前駅北口からバスで約5分、大渕橋(松伯美術館前)下車すぐ)☎0742・41・6666
春日大社国宝殿
春日大社御創建1250年記念展Ⅱ 聖域 御本殿を飾る美術
4月1日~8月26日
修復復原された御神前の「御翠簾」、剥ぎ取り保存し衝立に仕立てられた「御間塀(おあいべい)」四面など春日大社御本殿を飾った雅な調度品、障壁画を一堂に公開する。
10時~17時(入館は閉館30分前まで)。奈良市春日野町160(JR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ)☎0742・22・7788
天理大学附属天理参考館
第82回企画展 中国の風俗人形 ―近代以降の土人形と黄楊人形―
7月4日~9月3日
20世紀前半に作られた中国の風俗人形および圓平人形を中心に展示。当時の中国の生活文化を巧みに表現した人形で、現在ほとんど目にすることがない風習も多く含まれる。
9時30分~16時30分(入館は閉館30分前まで)。火曜休館。天理市守目堂町250(JR・近鉄天理駅下車、徒歩約20分)☎0743・63・8414
登録有形文化財 藤岡家住宅
文房具展 ~文人たちの跡~
7月1日~9月22日
藤岡家所蔵の文房具を通して、文人たちの愛した文房の文化の変遷を紹介。森鷗外、犬養毅らの墨跡とともに展示する。
9時~16時。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。五條市近内町526(JR北宇智駅から徒歩約20分)☎0747・22・4013(NPO法人うちのの館)
大和文華館
特別企画展 大和文華館の日本漆工 ―特別出陳・酒井抱一下絵・原羊遊斎作 蒔絵作品―
7月6日~8月19日
日本の伝統的な工芸である漆工。器物を黒漆や朱漆で美しく飾り、時代とともに螺鈿や蒔絵などの技法も発展してきた。江戸時代を代表する蒔絵師・原羊遊斎(はらようゆうさい)は人気絵師である酒井抱一(さかいほういつ)とともに、繊細華麗な蒔絵作品の数々を生み出した。本展では、館所蔵の奈良時代から江戸時代までの漆工芸を展示するとともに、特集コーナーにて原羊遊斎作品を特別出陳する。
大和文華館の中国・朝鮮絵画
8月24日~9月30日
国宝の李迪(りてき)筆「雪中帰牧(せっちゅうきぼく)図」をはじめ、中国・朝鮮の絵画を一堂に展示する。
10時~17時(入館は閉館1時間前まで)。月曜休館(祝日の場合はその翌平日)。奈良市学園南1-11-6(近鉄学園前駅から徒歩約7分)☎0742・45・0544
奈良町資料館
春日中学校美術作品展 ピースメッセージ展(平和の風)
8月1日~31日
春日中学校の生徒や著名人、外国の生徒たちによる平和をテーマにした作品の数々を展示。本年は春日中学校の生徒が制作したオリジナルTシャツ、沖縄のひめゆり平和祈念資料館室長、故宮城喜久子氏寄贈の絵本『ひめゆり』、メッセージ、などが展示される。入場無料。
10時~16時(最終日は15時まで)。奈良市西新屋町14-2(近鉄奈良駅から徒歩約15分)☎0742・22・5509
伝統行事・寺社催事| 秘宝秘仏・特別開扉・特別公開| 博物館・美術館・資料館| ギャラリー|
ホール・コンサート・セミナー| バスツアー・ウォーク| イベント|花ごよみ|