大和探訪大和の民話地名発掘イベントガイドやまと祭事記野の花紀行
1300年の道平城京四重奏連載小説森川杜園奈良スケッチみほとけは語る/融通念仏縁起

EVENT GUIDE

奈良で行なわれている催し・イベントなどを毎月更新しています。
詳細・変更については、各問い合わせ先に御確認ください。

秘宝秘仏・特別開扉・特別公開
松尾寺
秋の寺宝展
9月1日~11月11日
9時から16時。ビーナスのような「千手観音像トルソー」をはじめ、木造十一面観音立像(重文)、役行者小角像(円空作)、創建時の瓦(奈良時代)、海北友松画「放馬図屏風」などの寺宝が公開される。
大和郡山市山田町683(JR大和小泉駅から矢田山町行きバスで約10分、松尾寺口下車、徒歩約30分、または駅からタクシーで約7分)☎0743・53・5023
安倍文殊院 秋の寺宝展
9月1日~11月30日
9時から17時(受付は16時30分まで)。金閣浮御堂の内陣参拝ができる(七参りのお札とお守り付)。
桜井市阿部645(JR・近鉄桜井駅からコミュニティバス又は飛鳥資料館前行き、石舞台行きバスで約6分、安倍文殊院前下車すぐ。※バスの本数に注意)☎0744・43・0002
當麻寺 中之坊
秋の寺宝展
9月8日~10月15日、22日~11月30日
9時から17時(受付は16時30分まで)。當麻寺中之坊の霊宝館で通常は見られない寺宝が特別に公開される。
葛城市當麻1263(近鉄当麻寺駅から徒歩約15分)☎0745・48・2001
元興寺
元興寺創建千三百年記念特別展 「大元興寺展」
9月13日~11月11日
「元興寺創建千三百年」を記念し、大元興寺の三か寺および元興寺文化財研究所では慶讃行事の一環として、関連文化財を一堂に集め元興寺の歴史を概観する展覧会を開催する。秋季特別展では、元興寺の創建からの歴史を総合的に取り上げる。
奈良市中院町11(近鉄奈良駅から徒歩約12分)☎0742・23・1377
薬師寺
玄奘三蔵院伽藍大唐西域壁画 食堂・西塔初層内陣公開
9月16日~11月30日
8時30分から17時(受付は16時30分まで)。日本画壇の重鎮・故平山郁夫画伯が30年の歳月をかけて完成した大唐西域壁画を公開する。併せて食堂と西塔初層内陣が公開される。
奈良市西ノ京町457(近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ)☎0742・33・6001
般若寺
白鳳秘仏特別公開
9月20日~11月11日
9時から16時(受付は15時30分まで)。日本最大級の十三重石塔(重文)の修理の際に、発見された阿弥陀如来立像を特別公開。聖武天皇が平城京の鬼門鎮護を祈念して奉納した「霊像」とされる(拝観料別途)。
奈良市般若寺町221(JR・近鉄奈良駅から青山住宅行き、州見台八丁目行きバスで約10分、般若寺下車、徒歩約5分)☎0742・22・6287
法隆寺
法隆寺秘宝展
9月22日~11月30日
9時から16時30分(受付は16時まで)。通常は拝観できない法隆寺の貴重な文化財を公開する(別途特別拝観料が必要)。
生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1(JR法隆寺駅から法隆寺門前行きバスで約7分、終点下車すぐ)☎0745・75・2555
宝山寺
獅子閣特別公開
10月1日~3日、6日~8日
9時から16時(入館は15時30分まで)。重要文化財の獅子閣は明治初期の擬洋風建築。通常非公開だが特別に公開される。
生駒市門前町1-1(近鉄生駒駅から徒歩約3分で鳥居前駅へ、生駒ケーブルで約5分、宝山寺駅下車、徒歩約10分)☎0743・73・2006
興福寺国宝館
邂逅〈志度寺縁起絵〉
10月1日~31日
9時から17時。「志度寺縁起絵」は中金堂本尊・釈迦如来像にかかわる伝承がある。興福寺と因縁深い縁起絵の展示。
再会〈梵天、帝釈天〉 10月1日~11月15日
9時から17時。罹災などによって興福寺から流出した帝釈天立像が里帰り、興福寺の梵天立像とともに展示される。
奈良市登大路町48(近鉄奈良駅から徒歩約5分)☎0742・22・5370
大安寺
本尊十一面観音像特別開扉
10月1日~11月30日
9時から16時。本堂中央に安置され、がん封じの本尊として知られる。普段は公開されないがこの期間のみ拝観することができる。
奈良市大安寺2-18-1(JR・近鉄奈良駅から大安寺行き、白土町行き、シャープ前行きバスで約5分、大安寺下車、徒歩約10分)☎0742・61・6312
不退寺
秋期寺宝特別公開
10月1日~11月30日
9時から17時。歌人として名高い在原業平の画像などを特別公開する。
奈良市法蓮町517(JR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺行きバスで約7分、一条高校前下車、徒歩約15分)☎0742・22・5278
東大寺
公慶上人坐像特別公開
10月5日
法要終了後から16時。公慶堂で公慶上人坐像(重文)が拝観できる。春と秋のみの特別公開。
僧形八幡神像特別公開 10月5日
10時頃から16時。もとは東大寺の鎮守八幡宮(現在の手向山八幡宮)の御神体だった僧形八幡神像だが、明治初年の神仏分離・廃仏毀釈により、東大寺に移された。手向山八幡宮の転害会の日のみ勧進所で特別公開される。
奈良市雑司町406-1(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約15分)☎0742・22・5511
橘寺
聖倉殿(収蔵庫)特別公開
10月6日~11月4日
9時から16時30分(閉門は17時)。聖徳太子ゆかりの寺の聖倉殿(収蔵庫)が開扉し、聖徳太子絵伝の第3・4幅や伝日羅立像などが特別に公開される。
高市郡明日香村橘532(近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約15分、岡橋本下車、徒歩約3分)☎0744・54・2026
室生寺
金堂外陣からの特別拝観
10月6日~12月2日
9時から15時(季節により変動あり)。国宝金堂内の外陣に上がり、中尊釈迦如来立像や十一面観音立像を通常より近くで拝観することができる。特製記念品の授与もある
宇陀市室生78(近鉄室生口大野駅から室生寺行きバスで約15分、終点下車、徒歩約5分)☎0745・93・2003
長谷寺
もみじまつり 秋季特別寺宝展
10月13日~12月2日
9時30分から16時30分。10月13日から14日には與喜天満神社例大祭、紅葉の美しい境内一帯でさまざまな催しがある。また、もみじまつり開催に関連して、長谷寺に伝わる寺宝を特別公開する。
桜井市初瀬731-1(近鉄長谷寺駅から徒歩約15分)☎0744・47・7001
福智院
宝冠の十一面観音像特別公開
10月17日~23日、11月1日~7日
9時から16時。通常は非公開の宝冠十一面観音菩薩立像が、春と秋の年2回のみ公開される。室町時代の造立とされ、頭上に宝冠を頂く珍しい秘仏。
奈良市福智院町46(JR・近鉄奈良駅から天理駅行き、下山駅行きバスで約15分、福智院町下車すぐ)☎0742・22・1358
不空院
不空羂索観音坐像特別公開
10月17日、27日~11月12日
9時から16時30分(受付は16時30分まで)。鑑真和上の住坊跡に弘法大師が八角円堂を建てたのがはじまりの古寺。重文の不空羂索観音坐像が特別開帳される。
奈良市高畑町1365(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町(わりいしちょう)下車、徒歩約15分)☎0742・26・2910
おふさ観音
秋のばらまつり
10月19日~11月30日
7時から17時。色とりどりに咲き誇る4200株・4000種のバラが楽しめる。境内のバラ園の拝観は無料。バラまつりの期間中は本堂(拝観料300円)で寺宝の特別公開も行われる(9時から16時)。
秘宝生き人形特別公開 10月19日~11月30日
9時から16時。徹底的に人間に似せて作る生き人形。天才と謳われる幕末の人形師、初代安本亀八作の生き人形「飯田喜八郎像」を特別公開。
橿原市小房町6-22(JR畝傍駅から徒歩約7分)☎0744・22・2212
興福寺
興福寺今昔写真展
10月20日~11月8日
9時から17時。会場は興福寺会館。中金堂を中心とした過去の伽藍のようすなど、興福寺境内の歴史がわかる古写真を展示する。
中金堂 一般拝観 10月20日~
9時から17時。約300年ぶりとなる興福寺中金堂を拝観できる。本尊・釈迦如来像と、脇侍の薬王・薬上菩薩像などが安置される。法相の祖師を描いた「法相柱」も。また、20日13時から宝蔵院流槍術・柳生新陰流兵法興福寺奉納演武会が開催。
奈良市登大路町48(近鉄奈良駅から徒歩約5分)☎0742・22・7755
岡寺
三重宝塔壁画・扉絵特別開帳
10月21日
9時から16時。真言密教独特の世界観をあらわした壁画、扉絵を公開する。三重宝塔の軒先に吊り下げられた「琴」は日本でもほかに復元された例がほとんどない珍しい荘厳。
高市郡明日香村岡806(近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約30分、岡寺前下車、徒歩約10分)☎0744・54・2007
法隆寺
夢殿救世観音特別開扉
10月22日~11月22日
8時から17時(11月4日以降は16時30分まで)。八角円堂の中央の厨子に安置される秘仏救世観音像は、聖徳太子の等身像と伝えられている。
生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1(JR法隆寺駅から法隆寺門前行きバスで約7分、終点下車すぐ)☎0745・75・2555
霊山寺
秋薔薇と秘仏宝物展
10月23日~11月11日
秘仏宝物展は10時から16時。本尊薬師如来、十一面観音像などの秘仏や寺宝が公開される。バラ庭園の開園は8時から17時。園内テラスカフェ「プリエール」とバラ苗の販売は10時から16時。
奈良市中町3879(近鉄富雄駅から若草台行きバスで約10分、霊山寺下車、徒歩約3分)☎0742・45・0081
長岳寺
大地獄絵開帳
10月23日~11月30日
9時から17時。長岳寺本堂にて狩野山楽筆大地獄絵(縦3.5m、横11m)が開帳される。適時絵解き説法が行われる(要問い合わせ)。
天理市柳本町508(JR・近鉄桜井駅から天理行きバスで約20分、上長岡下車、徒歩約7分)☎0743・66・1051
海龍王寺
寺宝展と十一面観音特別開帳
10月25日~11月12日
9時から17時。弘法大師筆による絹本著色毘沙門天画像、隅寺心経、木像十一面観音立像が特別に公開される(予定)。
奈良市法華寺北町897(JR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺駅行きバスで約12分、法華寺前下車、徒歩約2分)☎0742・33・5765
法華寺
国宝十一面観音菩薩立像特別公開
10月25日~11月12日
9時から17時(受付は16時30分まで)。法華寺本堂に安置されている国宝・十一面観音菩薩立像は、菩薩のごとく慈悲深かった光明皇后の姿を彫り上げたと伝えられている。ほかにも国宝・絹本阿弥陀三尊および童子像(慈光殿)、国宝・維摩居士坐像(本堂)と3つの国宝を拝観できる。
奈良市法華寺町882(JR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺駅行きバスで約12分、法華寺下車、徒歩約3分)☎0742・33・2261
西大寺
愛染明王坐像、聚宝館特別公開
10月25日~11月15日
9時から16時30分。秘仏である愛染明王坐像は、32cmの大きさながら量感充分。檜の寄木造で鮮やかな朱色が施され、切金文様の衣も美しい。
奈良市西大寺芝町1-1-5(近鉄大和西大寺駅から徒歩約3分)☎0742・45・4700
信貴山朝護孫子寺
国宝信貴山縁起絵巻特別公開
10月27日~11月11日
9時から16時。延喜年間に信貴山で毘沙門天を祀り、不思議な法力で寺を中興した命蓮上人の事績を物語風に描いた全3巻の絵巻物。今年は「延喜加持の巻」が公開される。
生駒郡平群町信貴山2280-1(王寺駅北口または近鉄信貴山下駅から信貴山門行きバスで約12分、終点下車、徒歩約10分)☎0745・72・2277
史跡・頭塔
史跡・頭塔浮彫石仏特別公開
10月27日~11月12日
9時から17時(受付は16時30分まで)。頭塔は土壇からなる珍しい奈良時代の塔で、かつて僧玄昉の頭を埋めた墓と伝承があったことが、頭塔の由来とされている。期間中はボランティアガイドによる解説も。見学方法など詳しくは問い合わせ。
奈良市高畑町921(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町下車すぐ)☎0742・27・9866(史跡頭塔保存顕彰会)
吉田寺(きちでんじ)
多宝塔(重文)初層・大日如来坐像特別公開
11月1日~3日
9時から16時。本尊は県内最大の阿弥陀如来坐像(像高515cm)で、国の重文に指定されている。同じく重文の多宝塔の初層には秘仏である大日如来坐像が安置されており、特別公開される。
生駒郡斑鳩町小吉田1-1-23(JR法隆寺駅から徒歩約20分)☎0745・74・2651
法輪寺
秋季特別展
11月1日~7日
9時から16時。普段非公開の仏像や寺宝などを展示公開する。本年度は妙見堂を特別開帳する。
生駒郡斑鳩町三井1570(近鉄郡山駅から法隆寺前行きバスで約21分、法起寺前下車、徒歩約10分)☎0745・75・2686
聖林寺
秘仏・マンダラ展
11月1日~30日
9時から16時30分。普段は拝観できない寺宝である浄土曼荼羅など、10数点が公開される。
桜井市下692(JR・近鉄桜井駅から談山神社行きコミュニティバスで約10分、聖林寺前下車すぐ)☎0744・43・0005
如意輪寺
後醍醐天皇御霊殿特別開帳
11月2日~18日
9時から16時。後醍醐天皇の姿を忠実に再現したといわれる木像が公開される。
吉野郡吉野町吉野山1024(近鉄吉野駅からタクシーで約7分、または徒歩約35分。※吉野山のロープウェイは現在運休。再開未定。代行バス有り。詳しくはhttp://www.yokb315.co.jp/)☎0746・32・3008
藤田家住宅・白山神社弥勒堂
「藤田家住宅」と「白山神社弥勒堂」特別公開
11月3日
10時から15時。重要文化財「藤田家住宅」と「白山神社弥勒堂」を1年に2回のみ公開する。藤田家住宅は元禄年間(1688~1703)に建てられ、数回改修された美しい大和棟の民家建築。
平群町福貴1523(近鉄平群駅から徒歩約15分)☎0745・46・1120(あすのす平群/平群町文化交流館・図書館)
松尾寺
秘仏厄除観音特別開扉
11月3日
9時から16時。日本最古の厄除け寺。本尊である厄除千手千眼観世音菩薩立像の特別公開。同日は寺宝展で公開される千手観音像トルソー、木造十一面観音像、役行者像とともに拝観できる。また、11月1日~10日、厄除観音奉納書道展も開催する(9時から16時)。
大和郡山市山田町683(JR大和小泉駅から矢田山町行きバスで約10分、松尾寺口下車、徒歩約30分、または駅からタクシーで約7分)☎0743・53・5023
霊山寺
三重塔特別開扉
11月3日
10時から16時。普段は非公開となっている国指定重要文化財である三重塔の初層を特別開扉する。宝冠阿弥陀如来像や極彩色壁画を拝観できる1年に1度の機会。
奈良市中町3879(近鉄富雄駅から若草台行きバスで約10分、霊山寺下車、徒歩約3分)☎0742・45・0081
帯解寺
秘仏・秘宝特別開帳
11月3日~11日
9時から16時。春日赤童子画像(奈良市指定文化財)、不動明王坐像などの秘仏や仏画・書画・骨董を公開する。
奈良市今市町734(JR帯解駅から徒歩約5分)☎0742・61・3861
正暦寺
本尊薬師如来倚像特別公開
11月3日~12月2日
9時から17時。本堂にて本尊・薬師如来倚像と仏画が公開される。
奈良市菩提山町157(JR帯解駅から徒歩約1時間30分、またはJR・近鉄奈良駅からタクシーで約25分。紅葉シーズンはJR・近鉄奈良駅から臨時バスの運行あり)☎0742・62・9569
櫻本坊
天武天皇御神像特別開帳
11月10日~19日
8時30分から17時(受付は16時30分まで)。明治廃仏毀釈の折りに行方知らずとなった天武天皇御神像を平成の世に復興、その像が特別開帳される。
吉野郡吉野町吉野山1269(近鉄吉野駅から徒歩約45分または、タクシーで約15分)☎0746・32・5011
當麻寺 西南院
特別開帳
11月23日~30日
9時から17時(受付は16時30分まで)。十一面観音立像(重文)、聖観音(重文)、千手観音(重文)などの諸像や、文亀曼荼羅旧軸木などが特別に公開される。期間限定の御朱印もある。
葛城市當麻1263(近鉄当麻寺駅から徒歩約15分)☎0745・48・2202
伝統行事・寺社催事| 秘宝秘仏・特別開扉・特別公開| 博物館・美術館・資料館| ギャラリー|
ホール・コンサート・セミナー| バスツアー・ウォーク| イベント|花ごよみ|