大和探訪大和の民話地名発掘イベントガイドやまと祭事記野の花紀行
1300年の道平城京四重奏連載小説森川杜園奈良スケッチみほとけは語る/融通念仏縁起

奈良で行なわれている催し・イベントなどを毎月更新しています。
詳細・変更については、各問い合わせ先に御確認ください。

今月の特集関連行事
吉野歴史資料館
連携講座 with近鉄文化サロン 大汝詣り −聖地と禊−
11月18日
10時30分から12時まで。会場は大阪市阿倍野区の近鉄文化サロン阿倍野。講師は吉野歴史資料館長の池田淳氏。
朕、今日汝らとともに〝庭〟に盟して
−吉野宮の庭・宮滝遺跡の苑池遺構を考える−
1月20日
10時30分から12時まで。会場は大阪市阿倍野区の近鉄文化サロン阿倍野。講師は吉野町教育委員会の中東洋行氏。 各回受講料1620円(会員は1188円)、定員各70名(先着順)、要事前申し込み。詳しくは問い合わせ。
問い合わせ・申し込み ☎06・6625・1771(近鉄文化サロン阿倍野)
連携講座 with熊野古道センター
川の吉野と雪の吉野から花の吉野へ
12月17日
13時30分から15時まで。会場は三重県立熊野古道センター映像ホール。講師は吉野歴史資料館長の池田淳氏。 受講料無料、定員80名、要事前申し込み。詳しくは問い合わせ。
問い合わせ・申し込み ☎0597・25・2666(熊野古道センター)
歴史講演会 葛城地域と壬申の乱 1月28日
14時から15時30分まで。会場は吉野町中央公民館。講師は香芝市教育委員会の下大迫幹洋氏。
歴史講演会
平成二十九年度 史跡宮滝遺跡調査速報
3月18日
14時から15時30分まで。会場は吉野町中央公民館。講師は吉野町教育委員会の中東洋行氏。
上野誠の吉野万葉塾
「壬申の乱、万葉集、そして吉野」
「壬申の乱と皇位継承」
3月31日
13時30分から16時30分。会場は吉野町中央公民館。講師は奈良大学文学部教授の上野誠氏、京都女子大学名誉教授の瀧浪貞子氏(ゲスト)。講演後は対談も行われる。 各回受講料500円、定員80名、要事前申し込み(電話、FAX、はがきのいずれかで名前・住所・電話番号・参加希望講座を明記もしくは知らせること)。詳しくは問い合わせ。
問い合わせ・申し込み ☎0746・32・0190(吉野町教育委員会事務局 社会教育係) FAX 0746・32・5689 〒639-3111 吉野郡吉野町上市133 吉野町中央公民館1階 「吉野町教育委員会事務局社会教育係」宛
奈良県立万葉文化館
万葉集をよむ 『万葉集』巻4③ 田村大嬢(たむらのおおおとめ)と坂上大嬢(756~761番歌)
11月15日
14時から15時30分まで。会場は奈良県立万葉文化館。講師は同館研究員の吉原啓氏。聴講無料、定員150名(先着順)、事前申し込み不要。詳しくは問い合わせ。
平成29年度
万葉古代学講座
記紀万葉と能
12月23日
14時から15時30分まで。会場は奈良県立万葉文化館。講師は同館上席研究員の井上さやか氏。
飛鳥と地方の往還
−地方豪族たちの戦略−
1月27日
14時から15時30分まで。会場は奈良県立万葉文化館。講師は同館研究員の吉原啓氏。
浄刹への願い −山上憶良と仏教思想− 2月10日
14時から15時30分まで。会場は奈良県立万葉文化館。講師は同館研究員の大谷歩氏。 各回聴講無料、定員各150名(先着順)、当日受付。詳しくは問い合わせ。
問い合わせ ☎0744・54・1850
伝統行事・寺社催事
如意輪寺
第4回 菊まつり
10月28日~11月19日
9時から16時。入場無料。後醍醐天皇の忠臣・楠公の家紋である菊水にちなみ、鉢植えの菊花で境内を彩り、天皇の生誕日を祝う。11月1日には本堂(通常非公開)にて法要が営まれ、参列者は特別に堂内で拝観できる。
吉野郡吉野町吉野山1024(近鉄吉野駅から徒歩約3分で千本口へ、ロープウェイで約3分、吉野山下車、吉野大峯ケーブルバスに乗り換え約8分、如意輪寺口下車、徒歩約20分。または、近鉄吉野駅からタクシーで約10分) ☎0746・32・3008
櫛玉比女命神社
戸立祭
11月2日~3日
11月2日は12時にだんじりが各集落を出発、町内を練ったあと、20時過ぎに神社に到着する。11月3日は10時から神事があり、13時にだんじりが神社を出発する。奈良の秋祭りのしんがりで、宵宮のだんじりが豪快。
北葛城郡広陵町弁財天(近鉄箸尾駅から徒歩約15分)☎0745・56・2594
金剛寺
菊薬師
11月1日~3日
8時30分から17時。平重盛によって創建されたと伝わる五條の古刹。健康や長寿、病気平癒を願い、薬師如来の右手とつながった善の綱を引く。11月3日10時30分からは菊薬師会式で大般若経転読法要が厳修される。
五條市野原西3-2-14(JR五条駅から徒歩約25分、またはタクシーで約7分) ☎0747・23・2185
大安寺
開山忌 大般若転読法要
11月2日
14時から。奈良時代、仏教界の中心的人物で、大安寺の伽藍を完成させた道慈律師の御忌法要。宗派を問わず全国で行われている大般若転読法要を創始した祖師の報恩を偲ぶ。
奈良市大安寺2-18-1(JR・近鉄奈良駅から大安寺行き、白土町行き、シャープ前行きバスで約5分、大安寺下車、徒歩約10分) ☎0742・61・6312
天河大辨財天社
秋季大祭
11月2日
11時から神事。13時から能楽が奉納される。天河大辨財天社は芸能の神としても崇敬をあつめる古社。
吉野郡天川村坪内107(近鉄下市口駅から中庵住行きバスで約1時間、天河大弁財天社下車、徒歩約5分。バスの本数に注意) ☎0747・63・0558
安倍文殊院
十一面観音法要
11月3日
10時から弘法大師法要、11時から12時まで十一面観音の大法要が行われる。日本三文殊の1つとして親しまれる安倍文殊院の法要行事。
桜井市阿部645(JR・近鉄桜井駅から飛鳥資料館前行き、石舞台行きバスで約6分、安倍文殊院前下車すぐ。バスの本数に注意) ☎0744・43・0002
春日大社
文化の日萬葉雅楽会
11月3日
13時30分から。春日大社境内にある萬葉植物園内の池に張り出した舞台で行われる雅楽で、入園者は池の岸辺から鑑賞できる。園内では万葉集に詠まれた植物を観賞できる。
奈良市春日野町160(JR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ)☎0742・22・7788
信貴山朝護孫子寺
柴燈護摩供火渡大祈願会
11月3日
14時から法要の儀式。願い事を書いた護摩木を燃やし、残り火の上を裸足で渡り無病息災を祈願する法要。当日参加可能(参加者に御守り授与)。
生駒郡平群町信貴山2280-1(王寺駅北口または、近鉄信貴山下駅から信貴山門行きバスで約12分、終点下車、徒歩約10分) ☎0745・72・2277
墨坂神社
秋の大祭
11月3日
2日の宵宮祭の後、19時頃から大神輿で西峠旧社地の御旅所に遷御。例祭当日12時30分頃、神輿は武者行列とともに御旅所を出発し、15時頃神社へ到着する。町の太鼓台などの宮入は16時頃、16時過ぎ頃から餅撒き(ごくまき)が行われる。
宇陀市榛原萩原703(近鉄榛原駅から徒歩約15分)☎0745・82・0114
談山神社
秋のけまり祭
11月3日
11時から12時30分頃まで。1グループ8名で、まりを蹴って受け合う古典的遊戯。けまりは祭神・藤原鎌足が中大兄皇子と生涯の盟友となるきっかけで、ついには「大化の改新」の相談にまで発展したという故事にもとづいた祭り。
桜井市多武峰319(JR・近鉄桜井駅から談山神社行きコミュニティバスで約25分、終点下車、徒歩約3分)☎0744・49・0001
海龍王寺
布薩(ふさつ)の行法
11月4日~5日
毎年11月第1土曜・日曜。19時から20時30分。真言律宗の法灯を後世に残す一環として行われている懺悔の法。僧侶と一般の参加者とが一堂に会して、仏教体験をすることができる。定員は各日20名。要申し込み(前日まで)。
奈良市法華寺北町897(JR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺駅行きバスで約12分、法華寺前下車、徒歩約2分)☎0742・33・5765
櫻本坊
天武天皇祭
11月12日
13時から。天武天皇御神像の前で神仏習合の法要が行われる。
吉野郡吉野町吉野山1269(近鉄吉野駅から徒歩約3分で千本口へ、ロープウェイで約3分、吉野山下車、吉野大峯ケーブルバスに乗り換え約10分、竹林院前下車すぐ。または近鉄吉野神宮駅からタクシーで約15分)☎0746・32・5011
薬師寺
慈恩会
11月13日
19時から21時頃。今年は薬師寺で開催。一般の参拝・聴聞可能。中国・唐代きっての学僧であった法相宗の宗祖・慈恩大師の正忌日。法相宗の主だった僧侶たちが一堂に会して、大師の学徳をしのぶ。興福寺と1年交代で開催し、西暦の奇数年は興福寺で、偶数年は薬師寺で行う(年によって例外もあり)。
奈良市西ノ京町457(近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ)☎0742・33・6001
大神神社
醸造安全祈願祭(酒まつり)
11月14日
10時30分から。新酒の仕込みの季節、醸造の祖神である大神に4人の巫女による「うま酒みわの舞」を奉納し、醸造安全を祈願する。
桜井市三輪1422(JR三輪駅から徒歩約5分)☎0744・42・6633
談山神社
例大祭
11月17日
10時30分から。祭神藤原鎌足公の命日にあたる例祭。11時頃から南都楽所による舞楽が奉納される。
桜井市多武峰319(JR・近鉄桜井駅から談山神社行きコミュニティバスで約25分、終点下車、徒歩約3分)☎0744・49・0001
法隆寺
太子道をたずねる集い 小墾田宮(おはりだのみや)ルート
11月22日
8時30分から16時頃。法隆寺集合。聖徳太子が斑鳩宮から飛鳥へ通った道(太子道)を、太子を偲んで歩く。参加費1000円(昼食は各自持参)、定員150名(満69歳までの健康な方に限る)、要申し込み(電話での受付)。申し込み期間は10月1日から11月10日(必着)まで。詳しくは問い合わせ。
生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1(JR法隆寺駅から法隆寺行きバスで約7分、法隆寺門前下車すぐ)☎0745・75・2555
橿原神宮
新嘗祭
11月23日
11時から。新穀の豊穣を感謝し、神前に新穀を奉る祭典。11時45分頃から神武天皇東遷の際に、久米部の兵士が舞ったとされる「久米舞」が披露される。終了後は拝殿前の広場で、橿原市と協賛の「農業祭」の催しがある。
橿原市久米町934(近鉄橿原神宮前駅から徒歩約5分)☎0744・22・3271
宝山寺
聖天厄除大根だき
12月1日
午前0時から13時頃。大根は体内の毒を消すと古くからいわれ、聖天の好物でご紋にも使われている。大根を食べることで、体内のみならず精神的にも解毒するといわれている。なくなり次第終了になる。
生駒市門前町1-1(近鉄生駒駅から徒歩約3分で鳥居前駅へ、生駒ケーブルで約5分、宝山寺駅下車、徒歩約10分)☎0743・73・2006
法隆寺
お身拭い
12月8日
10時から。国宝である法隆寺金堂・大講堂・夢殿にて行われる。1年間で仏につもった埃を払い、新しい年を迎える。
生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1(JR法隆寺駅から法隆寺行きバスで約7分、法隆寺門前下車すぐ)☎0745・75・2555
東大寺
仏名会
12月14日
8時30分から。起源は平安時代の初期。過去・現在・未来の三千仏名を唱え、その年の罪悪を懺悔する法要。今は、過去・現在・未来と1年ごとに各1000体の仏の名を唱えて礼拝する。
奈良市雑司町406-1(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約15分)☎0742・22・5511
唐招提寺
お身拭い
12月15日
9時から。金堂にて行われる。本尊・盧舎那仏坐像(国宝)をはじめとした諸仏につもった1年間の埃を払う。
奈良市五条町13-46(近鉄西ノ京駅から徒歩約10分)☎0742・33・7900
春日大社
春日若宮おん祭
12月15日~18日
遷幸の儀は17日午前0時から。お旅所で暁祭が行われる。お渡り式は17日正午に県庁前を出発。近鉄奈良駅前・三条通・一之鳥居を通ってお旅所へとお渡りする。お旅所祭は17日14時30分から。平安末期の関白であった藤原忠通が五穀豊穣を祈ってはじめたもので、春日大社摂社若宮神社の例祭。国の重要無形民俗文化財に指定されている。還幸の儀まで神楽・舞楽・田楽・細男(せいのお)などの奉納芸能が見られる。
奈良市春日野町160(【お旅所】JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、春日大社表参道前下車、徒歩約5分)☎0742・22・7788

EVENT GUIDE

奈良で行なわれている催し・イベントなどを毎月更新しています。
詳細・変更については、各問い合わせ先に御確認ください。 伝統行事・寺社催事| 秘宝秘仏・特別開扉・特別公開| 博物館・美術館・資料館| ギャラリー|
ホール・コンサート・セミナー| バスツアー・ウォーク| イベント|花ごよみ|