大和探訪大和の民話地名発掘イベントガイドやまと祭事記野の花紀行
1300年の道平城京四重奏連載小説森川杜園奈良スケッチみほとけは語る/融通念仏縁起

EVENT GUIDE

奈良で行なわれている催し・イベントなどを毎月更新しています。
詳細・変更については、各問い合わせ先に御確認ください。

今月の特集関連行事
春日大社
春日祭(申祭)
3月13日
9時から。春日大社本社の例祭。かつて申(さる)の日が祭日であったが、明治以降この日に定められた。宮中より天皇の名代である勅使(ちょくし)の参向を仰ぎ、国家の安泰と国民の繁栄を祈る。王朝の絵巻物さながらの祭儀が行われる日本三大勅祭(ちょくさい)の1つ。拝観は二ノ鳥居周辺からのみ可能。
奈良市春日野町160(JR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ)☎0742・22・7788
橿原神宮
神武天皇祭
4月3日
10時から。神武天皇が崩御された日に執り行われている祭り。古くから「神武さん」と親しまれ、多くの参拝者が訪れる。13時から国栖奏奉納が行われる。
昭和祭
4月29日
11時から。昭和天皇の誕生の日に、昭和天皇の遺徳を景仰し皇威の隆昌と国運の発展を祈り、昭和の御代を顕彰する祭典が行われる。
橿原市久米町934(近鉄橿原神宮前駅から徒歩約10分)☎︎0744・22・3271
大神神社
三輪山セミナー 元号のはじまり ー古代国家と年号制度ー
3月30日
14時から15時30分まで。会場は大神神社大礼記念館2階大広間。講師は京都産業大学准教授の久禮旦雄氏。受講料は200円。定員なし。当日受付。詳しくは問い合わせ。
問い合わせ☎0744・42・6633
橿原市
平成31年 春の神武祭
4月20日~21日
20日10時から16時。21日10時から16時30分。場所は橿原神宮及びその周辺。「城南海(きずきみなみ)」・「井上あずみ&ゆーゆ」・「海上自衛隊舞鶴音楽隊」など豪華出演者によるコンサート、参道パレード、地元のグルメや物産を楽しむフードマルシェなど多彩なイベントが実施される。雨天決行・荒天中止。
問い合わせ☎0744・20・1123 (春の神武祭実行委員会事務局)
伝統行事・寺社催事
東大寺
二月堂修二会(お水取り)
3月1日~15日
「お水取り」「お松明」の名で親しまれている春の訪れを告げる伝統行事。12日の夜、本尊に供える香水を汲み上げる行事があることから「お水取り」の名が、また、練行衆が二月堂に上堂する際、松明をかかげて先導することに由来し「お松明」の名がある。東大寺二月堂の本尊、十一面観音に悔過する行法として、天平勝宝4年(752)にはじめられた。期間中は19時の大鐘を合図にお松明に点火。二月堂を舞台にダイナミックな炎の雨を降らせる。お松明は1日から11日・13日が19時から、12日が19時30分から、14日が18時30分から。15日は子の成長を願う、だったん帽いただかせが朝から。
奈良市雑司町406-1(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約15分)☎0742・22・5511
喜光寺
行基會大祭 柴燈大護摩供養
3月2日
14時30分から。開山行基菩薩の命日にあわせ、大護摩が焚かれる。柴燈大護摩は古来山林の修験者が行う、護摩祈祷の作法。火わたり式(火生三昧)も参加できる。また9時からいろは写経会、10時から行基菩薩ご遠忌法要が行われ法要の後、櫻川ぴん助社中によりかっぽれの奉納が行われる。
奈良市菅原町508(近鉄尼ヶ辻駅から徒歩約10分、近鉄大和西大寺駅から車で約5分)☎0742・45・4630
正暦寺
人形供養
3月9日
14時から15時30分頃。正暦寺では人々が慈しみ愛した人形たちを供養している。この1年間に行われたそれらの供養のまとめの法要として、本堂で大護摩供養が行われる。
奈良市菩提山町157(JR帯解駅から徒歩約1時間30分、またはJR・近鉄奈良駅からタクシーで約25分)☎0742・62・9569
宝山寺
般若窟柴燈大護摩供
3月10日
毎年3月の第2日曜10時から。天下泰平、国家安泰を祈願して柴燈護摩供が行われる。護摩終了後、火渡りの修法があり、善男善女も参加できる。
生駒市門前町1-1(近鉄生駒駅から徒歩約3分で鳥居前駅へ、生駒ケーブルで約5分、宝山寺駅下車、徒歩約10分)☎0743・73・2006
春日大社
御田植神事
3月15日
11時から。本社の林檎(りんご)の庭、榎本神社階下、若宮神社前の3カ所で、神楽男の奏する田植歌にあわせ、八乙女らの田舞が奉納される。平安時代から伝わる行事の1つ。これに先立ち10時からは御田植祭(拝観不可)が行われる。
奈良市春日野町160(JR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバスで約10分、終点下車すぐ)☎0742・22・7788
菅原天満宮
筆祭り
3月21日
毎年春分の日。10時から筆の市や実演が行われる。12時から毛筆の元祖に感謝し、更なる書道の発展を祈願するための神事。13時30分頃から使用済みの筆が筆塚に集められ、供養される。
奈良市菅原町1-15-1(近鉄尼ヶ辻駅から徒歩約10分、または近鉄学園前駅からあやめ池循環バスで約14分、菅原神社下車すぐ)☎0742・45・3576
長谷寺
弘法大師正御影供
3月21日
9時から。弘法大師が入定した日に御影堂で法要を行う。
桜井市初瀬731-1(近鉄長谷寺駅から徒歩約15分)☎0744・47・7001
法隆寺
お会式
3月22日~24日
法要は22日13時から。聖徳太子の遺徳を讃えて行う法要。期間中聖霊院では本尊聖徳太子摂政像の扉が開かれる。
生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1(JR法隆寺駅から法隆寺門前行きバスで約7分、終点下車すぐ)☎0745・75・2555
薬師寺
お身拭い
3月23日
13時から。花会式の前に、薬師三尊像を清める行事。壇供(仏前に供えるお餅)を蒸したお湯を使用し、仏の魂を抜く作法の後、三尊像を拭っていく。薬師寺では師走と、花会式前の年に2回行われる。
奈良市西ノ京町457(近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ)☎0742・33・6001
奈良県護国神社
椿まつり
3月23日~24日
9時から15時。2日間にわたり、高円の杜に春を告げる椿まつり。この時期、境内には多くの椿が咲き、境内を彩る。境内駐車可。
奈良市古市町1984(JR・近鉄奈良駅から藤原台行き、山村町行き、奈良佐保短期大学前行きバスで約10分、護国神社下車、徒歩約3分)☎0742・61・2468
薬師寺
修二会(花会式)
3月25日~31日
25日は19時から、以後午前3時、13時、19時の1日3回、法要が行われる。正式名は修二会薬師悔過法要。本来は旧暦2月に行われた。1107年堀河天皇の皇后の病気全快を祝い、宮中で造られた造花が供えられてより、10種類の造花が薬師三尊を飾るようになった。そのため「花会式」の名前で親しまれる。31日の19時からの結願法要のあと、20時30分頃から鬼追式が行われる。
奈良市西ノ京町457(近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ)☎0742・33・6001
玉列神社
椿まつり
3月31日
11時から。かつて「玉椿大明神」とも称された古社、玉列神社は椿200種500本が植わる椿の名所。椿まつりでは神前に神饌とあわせて椿が献じられ、かんざしに椿の花をつけた巫女が神楽「浦安の舞」を奉奏する。
桜井市慈恩寺383(近鉄朝倉駅から徒歩約10分)☎0744・42・6633(大神神社)
大和神社
ちゃんちゃん祭り
4月1日
14時から。春の訪れを迎える祭り。近郷の氏子らの行列が、大和神社から中山町のお旅所まで、神輿渡しを行う。祭りの行列は、神輿とともに稚児や神人が鉦(かね)を「ちゃんちゃん」と打ち鳴らして往復することから、「ちゃんちゃん祭り」の名が付いた。
天理市新泉町306(JR長柄駅から徒歩約8分)☎0743・66・0044
法華寺
ひな会式
4月1日~7日
14時から。5日と7日は10時30分から(一般は拝観不可の可能性あり)。奈良時代、光明皇后の姿を写したものと伝えられている本尊(国宝十一面観音菩薩立像)の前に、高さ30cmほどの可愛らしい善財童子像50余体を並べて祀る。
奈良市法華寺町882(JR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺駅行きバスで約16分、法華寺下車、徒歩約3分)☎0742・33・2261
吉野水分神社子守宮
御田植祭
4月3日
13時から。翁面をつけた田主と呼ばれる田男と黒い牛面を被った牛男が、拝殿を田に見立てて種蒔きから稲刈りまでの農耕の所作を行う神事が奉納され、豊作を祈願する。
吉野郡吉野町吉野山1612(近鉄吉野駅からタクシーで約10分、または徒歩約1時間。※吉野山のロープウェイは現在運休。再開未定。代行バス有り。詳しくはhttp://www.yokb315.co.jp)☎0746・32・3012
甘樫坐神社
盟神深湯(くがたち)神事
4月7日
毎年4月第1日曜、14時から。湯の中に手を入れて火傷をするかしないかで証言の真偽をはかる古代の神事・盟神深湯が再現される。
高市郡明日香村豊浦(近鉄橿原神宮前駅から徒歩約25分)☎0744・54・5600(明日香村教育委員会文化財課)
源龍寺
南阿田の流し雛
4月7日
毎年4月第1日曜、13時から。源龍寺で雛供養の後、色紙で着物と袴を作り、大豆で頭をつけた男女の雛1対を、竹の皮で作った船に乗せ、吉野川に流す。
五條市南阿田町80(JR五条駅からタクシーで約20分)☎0747・22・4001(五條市企業観光戦略課)
飛鳥寺
花会式
4月8日
10時から花御堂の誕生仏に甘茶をかける。14時頃から法要。日本最古の寺として、また飛鳥大仏でも名高い飛鳥寺。
高市郡明日香村飛鳥682 (近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約20分、飛鳥大仏前下車すぐ)☎0744・54・2126
興福寺
仏生会
4月8日
10時から。南円堂の前に花御堂を作り、甘茶を注いで釈迦誕生仏を安置し、釈迦の誕生を祝う。参拝者には甘茶が振る舞われる。
奈良市登大路町48 (近鉄奈良駅から徒歩約5分)☎0742・22・7755
新薬師寺
おたいまつ(修二会)
4月8日
本尊薬師如来の日に、東大寺一山僧侶出仕による厄除けや滅罪を祈願する行法。1000年以上続く伝統的な行事の1つ。17時から本堂にて法要、19時から11本の大松明を童子が1本ずつ持ち、僧侶とともに本堂を1周し、本堂で神名帳などを読み上げる。
奈良市高畑町1352 (JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分、破石町下車、徒歩約15分)☎0742・22・3736
東大寺
仏生会
4月8日
8時から法要。その後、参拝者も誕生仏に甘茶かけができ、甘茶の振る舞いもある。仏生会とは、釈迦の誕生を祝う法要であり、当日は大仏殿の前に花で美しく飾った花御堂を作り、誕生仏が安置される。
奈良市雑司町406-1(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、東大寺大仏殿・春日大社前下車、徒歩約15分)☎0742・22・5511
白毫寺
一切経法要
4月8日
13時30分から。鎌倉時代に中国より伝わった一切経巻は、現在原本が残っておらず、転読はなく法要が営まれる。奈良の伝承歌に「寒さの果ても彼岸まで、まだあるわいな一切経」と歌われる。当日は花祭りも行われ、甘茶の接待あり。
奈良市白毫寺町392(JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約12分、高畑町下車、徒歩約20分)☎0742・26・3392
法隆寺
仏生会
4月8日
10時から。釈迦の遺徳をたたえる三大会。食堂(じきどう)の中央に釈迦誕生仏を安置し、その像に甘茶が注がれる。
生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1(JR法隆寺駅から法隆寺門前行きバスで約7分、終点下車すぐ)☎0745・75・2555
大神神社
春の大神祭
4月8日~10日
8日10時から大直禰子(おおたたねこ)神社(若宮)例祭、17時から春の大神祭宵宮祭。9日10時から春の大神祭。13時からの若宮神幸祭では、若宮の御霊を遷した神輿が三輪の里を巡行する。10日10時から春の大神祭後宴祭、正午から後宴能(見学自由)が行われる。
桜井市三輪1422(JR三輪駅から徒歩約5分)☎0744・42・6633
金峯山寺
花供千本搗き・女人採灯大護摩供
4月10日
13時から。花供懺法会(はなくせんぽうえ)の前日に臼に入れたお米を伊勢音頭にあわせ大勢の人々でつきあげる祭り。つきあげられた餅は花供懺法会で本尊に供えられた後、参拝者にまかれる。14時からは女性行者が中心になり、採灯大護摩供が行われる。
花供懺法会(花供会式) 4月10日~12日
本尊蔵王権現の神木である山桜の満開を本尊に報告する儀式。奴行列を先頭に金峯山寺の鬼や稚児、山伏や僧侶らの行列が竹林院から蔵王堂までを練り歩く。両日とも10時から大名行列・法華懺法(ほっけせんぽう)の法要・採灯大護摩供・餅まきが行われる。
吉野郡吉野町吉野山2498(近鉄吉野駅からタクシーで約10分、または徒歩約45分。※吉野山のロープウェイは現在運休。再開未定。代行バス有り。詳しくはhttp://www.yokb315.co.jp)☎0746・32・8371
弘仁寺
十三詣り
4月13日
9時から。13歳になる男女が智恵と福徳を授けてもらう行事。虚空蔵法の祈祷の後、14時から本堂前で護摩焚きがある。また、個別の十三詣りの祈祷は4月の土日に受けることができる。
奈良市虚空蔵町46(JR・近鉄奈良駅から天理行きバスで約20分、窪之庄南下車、徒歩約35分、または近鉄奈良駅から下山行きバスで約16分、下山下車、コミュニティバスに乗り換え約9分、高樋町下車、徒歩約5分)☎0742・62・9303
達磨寺
達磨会式
4月13日
10時から。明治24年(1891)の鐘楼堂再建以来行われている、達磨寺の伝統的な祭り。諸願成就の祭事で、稚児行列(14時から)や、大般若経の読経が行われるほか、県指定文化財の達磨寺方丈での茶会が行われる。
北葛城郡王寺町本町2-1-40(王寺駅南口から明神一丁目行き、白鳳台二丁目行きバスで約3分、張井下車すぐ)☎0745・31・2341
西大寺
春の大茶盛式
4月13日~14日
毎年4月第2日曜とその前日の土曜の9時から15時。鎌倉時代から伝わる行事で、直径約30cm、重さ約5kgの大茶碗と長さ35cmの大茶筌という大物ぞろいの道具で行われるお茶会。僧侶が点てたお茶が、参会者に振る舞われる。拝服料3000円。
奈良市西大寺芝町1-1-5(近鉄大和西大寺駅から徒歩約3分)☎0742・45・4700
當麻寺
聖衆来迎練供養会式
4月14日
16時から17時頃。1000年を超える伝統をもつ中将姫の現身往生を再現する行事。日本における「練供養(ねりくよう)」の発祥といわれる。当日は本堂(曼荼羅堂)より娑婆堂まで長い掛け橋(来迎橋)が渡され、二十五菩薩が中将姫を浄土へ導く。
葛城市當麻1263 (近鉄当麻寺駅から徒歩約15分)☎0745・48・2202(當麻寺西南院)
興福寺
放生会
4月17日
13時から。南円堂横の一言観音堂で法要が行われ、猿沢池に魚を放す行事。仏教では、一切の命が大切なものである教えを儀式化したもの。
奈良市登大路町48 (近鉄奈良駅から徒歩約5分)☎0742・22・7755
大神神社・狭井神社
鎮花祭(薬まつり)
4月18日
10時30分から大神神社で鎮花祭、引き続き狭井神社で行われる。春の陽気による災いや病気を鎮める祭りで、薬まつりともいわれる
桜井市三輪1422(JR三輪駅から徒歩約5分)☎0744・42・6633 (大神神社)
漢國神社(林神社)
林神社例大祭(饅頭まつり)
4月19日
11時から。日本ではじめて饅頭を作ったといわれる林浄因(りんじょういん)の命日にちなみ、その徳を偲ぶ祭。神前には全国からの銘菓が供えられ、薯蕷(じょうよ)饅頭が授与される。また午後からは抹茶と薯蕷饅頭のふるまいがある。
奈良市漢国町2(近鉄奈良駅から徒歩約5分)☎0742・22・0612
長谷寺
ぼたんまつり
4月20日~5月12日
7時から17時頃。境内の美しいぼたんの花が見頃を迎え、さまざまなイベントが催される。ぼたん献花祭は4月20日12時30分から練供養、13時30分頃から法要。ぼたん茶会は27日9時から歓喜院で先着500名に薄茶(無料)の接待が受けられる。真言宗豊山派布教師による特別法話は4月27日から5月6日9時から15時30分まで、参加無料。
桜井市初瀬731-1(近鉄長谷寺駅から徒歩約15分)☎0744・47・7001
大安寺
弘法大師正御影供
4月21日
13時から法要、14時過ぎから柴灯大護摩供、火渡り。弘法大師の絵像を本堂に祀り、遺徳を偲ぶ。境内ではインド八聖地と四国八十八ヶ所のお砂踏みも行われる。当日は本堂で、弘法大師遺髪が特別に公開される。。
奈良市大安寺2-18-1 (JR・近鉄奈良駅から大安寺行き、白土町行き、シャープ前行きバスで約5分、大安寺下車、徒歩約10分)☎0742・61・6312
長岳寺
釜の口れんぞ(弘法大師大法会)
4月21日
14時から本堂前にて大柴灯護摩が行われる。煙と炎が境内の上空に立ち上るさまは圧巻。
天理市柳本508(近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ)☎0743・66・1051
室生寺
正御影供
4月21日
10時頃から。山門から着飾った子どもたちの稚児行列があり、続いて弘法大師を偲ぶ法要が本堂で行われる。
宇陀市室生78(近鉄室生口大野駅から室生寺行きバスで約15分、終点下車、徒歩約5分)☎0745・93・2003
薬師寺
最勝会
4月21日
13時から。平成15年に復興した南京三大会(だいえ)の1つ。国家安泰や五穀豊穣などを祈る法要であり、また官僧任命の国家試験の場でもあった。法要のために復元された装束を身にまとった僧侶や勅使役たちが、大講堂へ入堂する行列も見どころの1つ。
奈良市西ノ京町457(近鉄西ノ京駅から徒歩すぐ)☎0742・33・6001
大和郡山市
大納言祭
4月22日
14時から。郡山の礎を築いた大納言・豊臣秀長の遺徳を偲び、毎年4月22日に同市箕山町の大納言塚にて行われる。
大和郡山市箕山町(近鉄郡山駅から徒歩約10分)☎0743・52・2010(一般社団法人大和郡山市観光協会)
帯解寺
小野小町忌
4月24日
14時から。同寺ゆかりの小野小町を偲び、参拝する人々が「心の美人」となって幸せに生きることを願う法要。法要後には小町の舞を見学できる。
奈良市今市町734 (JR帯解駅から徒歩約5分)☎0742・61・3861
興福寺
文殊会
4月25日
14時30分から稚児行列、15時頃から東金堂にて法要。稚児行列は、奈良市上三条町の淨教寺から出発し、奉納された一字書の奉額車を引いて三条通の坂道を東金堂に向けて練行する。
奈良市登大路町48 (近鉄奈良駅から徒歩約5分)☎0742・22・7755
談山神社
春のけまり祭
4月29日
11時から12時頃。古式ゆかしき装束に身をつつみ、鞠を蹴り上げ、次々に受け合う古典的な遊戯。祭神藤原鎌足が中大兄皇子と蹴鞠にことよせ、蘇我氏討伐(大化改新)の相談をしたという故事にちなむ。
桜井市多武峰319(JR・近鉄桜井駅から談山神社行きコミュニティバスで約24分、談山神社下車、徒歩約5分)☎0744・49・0001
高鴨神社
日本さくら草展示
4月下旬~5月下旬
日本さくら草は現在絶滅危惧種だが、高鴨神社では現存するほとんどの品種約500種、約2000鉢が保存栽培され、毎日約150から180鉢が展示される(実施期間は開花状況による)。
御所市鴨神1110(JR・近鉄御所駅から五條バスセンター行きバスで約12分、風の森下車、徒歩約15分)☎0745・66・0609
伝統行事・寺社催事| 秘宝秘仏・特別開扉・特別公開| 博物館・美術館・資料館| ギャラリー|
ホール・コンサート・セミナー| バスツアー・ウォーク| イベント|花ごよみ|