ならら2019年7月号

げに恐ろし地獄ワールド
奈良あの世めぐり

2019年7月号(250号)

梅雨があければ、とたんに夏がやってきます。恵心僧都と呼ばれる高僧・源信が奈良の當麻出身であることはご存知ですか? 奈良に生まれた源信はその著書『往生要集』で、地獄について詳細を記し、のちの地獄信仰に強い影響を与えました。そうして描かれた地獄図は近年世界でも流行りのジャパニーズ・ホラーの先駆けといえます。見れば見るほど絶対に地獄には落ちたくないと思わせ、背筋がヒンヤリとしてきます。かつての人々の信仰を表わした地獄図・極楽図を見て、あなたは何を思いますか? また、源信ゆかりの寺院めぐりもオススメです。ただし熱中症にはお気を付けください!

2019年7月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

げに恐ろし 地獄ワールド
奈良あの世めぐり

ならら2019年7月号一部

● リアルな"あの世"を"この世"で体感!
 地獄の歩き方ガイド
 「大地獄絵(紙本著色六道絵)」 長岳寺住職 北川慈照さん

●當麻曼荼羅に見る極楽ワンダーランド
 「當麻曼荼羅」 徳融寺住職 阿波谷俊宏さん

●『往生要集』
 衝撃の地獄描写と過激なまでのリアリティー

●源信の遺産
 『往生要集』と大和の浄土信仰
  奈良国立博物館学芸部情報サービス室主任研究員 北澤菜月さん

●源信の故郷を訪ねて

●世界の地獄から

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。