ならら2019年4月号

柿の葉寿司、礼讃

2019年5月号(248号)

「奈良にうまいものなし」? いえいえ、そんなことはありません。「奈良にはうま
いもんがある!」のです。それこそが谷崎潤一郎イチ押しの「柿の葉寿司」。よく熟
成された塩鯖、ほんのり甘酸っぱいごはん、シンプルな素材どうしが馴染んだ頃合い
にいただけば、柿の葉の爽やかな香りとともに、ふわあっと口の中に幸せが広がりま
す。熊野から吉野の山中を通って運ばれた鯖と、庭先の柿の葉が出会って生まれた奇
跡のお寿司、柿の葉寿司。若葉を使った夏が旬です! 名店の味と奈良の食文化を訪
ねる旅へ、いざ!

2019年5月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

柿の葉寿司、礼讃

ならら2019年3月号一部

●試しに家で作つてみると、成る程うまい。
 柿の葉寿司、礼讃
  自然の器 柿の葉で包む
  熟成された塩鯖の旨み
  大和の夏祭りを味わう

●柿の葉寿司に秘められた5つの謎を探れ!
 奈良女子大学名誉教授 的場輝佳さん

●お米屋さん、大工さん、高級旅館に仕出し屋さん へぇ~、そうだったんだ!
 柿の葉寿司四天王の意外なルーツ

●蛙と行者と柿の葉寿司
 吉野の夏のごちそう

●奥大和のローカル柿の葉寿司店

●ならら編集部
 柿の葉寿司づくり体験に挑戦!!

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。