ならら2018年12月号

春日若宮おん祭
武の装い

2018年12月号(243号)

水徳・学問芸能の神である春日若宮にさまざまな芸能を捧げる「春日若宮おん祭」。お渡り式では、お旅所に参勤する人々の華やかな姿を引き締める武具の存在が光ります。鹿角の当世具足、螺鈿の装飾が美しい太刀、格式高い弓、3人がかりで担ぐ巨大な野太刀…。おん祭ならではの武具の世界にご案内します。さらに春日大社とご縁のある月山鍛冶の話も。 甲冑・刀剣ファン必見です!

2018年12月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

春日若宮おん祭
武の装い

ならら2018年12月号一部

●春日若宮おん祭は武具の宝庫だ
 お渡り式の武具 大集合!

●春日若宮おん祭諸神事予定

●特別寄稿
 春日若宮おん祭の武具
  春日大社権禰宜 荒井清志さん

●刀鍛冶
 月山日本刀 春日大社とのご縁
  月山日本刀鍛錬道場に聞く 月山貞利さん

●祭礼と武器
 起源と伝承をひも解く

●おん祭プラス1
 150年前と変わらないお祭りの風景
  ここでも見れちゃうおん祭の武具

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。