ならら2017年11月号

にぎわう近世南都と春日若宮おん祭

2017年12月号(231号)

奈良の大祭、春日大社の「春日若宮おん祭」。祭神の春日若宮に数々の芸能を披露し、おもてなしするお祭りで、「生きた芸能史」とも呼ばれます。祭りの当日17日正午には、祭礼に加わる人々が華やかに着飾り、行列を作って奈良の町を抜け、若宮のおわす御旅所へ向かいます。さて、いまお渡りが行われるその町は、近世にはどのような風景が広がっていたのでしょうか。絵巻や民間信仰を手がかりに、近世奈良にタイムトリップ!

2017年12月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

にぎわう近世南都と春日若宮おん祭

ならら2017年12月号一部

●旅人なりきり!
 近世南都バーチャル体験in 『奈良参詣絵巻』

●春日若宮おん祭諸神事予定

●読み解きに挑戦!『奈良参詣絵巻』
~若宮さんと奈良町の人々~
 奈良市教育委員会教育総務部文化財課主幹 岩坂七雄さん

●いまに生きる春日講
 庶民の信仰のかたち

●春日大社と社家町
 高畑・春日神職の家 藤間家住宅

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。