ならら2017年4月号

快 慶 美と真理の探究者

2017年4月号(223号)

鎌倉時代に活躍し、運慶と並び称される天才仏師・快慶。快慶作と判明した仏像は運慶よりも多いというのに、出自や工房など、その人物像は未だ謎に包まれたままです。 この春、奈良国立博物館で史上初となる快慶単独の特別展が開催。なんと快慶仏の8割が集結します。4月号ではその見どころをはじめ、謎多き快慶の生涯とその業績を紹介します。

2017年4月1日発売/定価:500円
デジタル版を注文

快 慶 美と真理の探究者

ならら2017年4月号一部

●快慶の美しき仏たち
 奈良博研究員に聞く 展覧会の見どころ
 博物館のあとはお寺でみほとけ拝観

●仏師快慶
 その生涯、その仕事
 比べてみた快慶の三尺阿弥陀

●快慶が生きた時代と人々

●鎌倉彫刻は生身の仏を追究した!

●文殊さまと重源さん
 解き明かされた安倍文殊院・快慶仏の謎

●みほとけに会いたい
 ~快慶仏を訪ねる旅~

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。